学校教育法の改正

学校教育法の改正について

学校の改正と小中一貫義務教育

学校教育法が改正になり、国立・公立・私立を問わず小・中一貫義務教育が可能となりました。6年・3年と分けず、9年教育ができるため基礎・充実・発展などの指導ができ、一連の流れの中で無駄のない教育ができます。今までの私立の多くは、中学受験での中・高一貫校が多かったのが、小・中・高もしくは大学までが可能になります。他と分ける意味合いで義務教育校とよばれ、公立においても小・中一貫校にすると、中学校に入学した際に勉強に付いていけなくなる子供を減らし、無駄をなくした指導ができることは全国的な学力低下を回復させる要因となり得ます。

日本の義務教育とその先の進路

義務教育とは、保護者が国民の義務として学齢期に達した子供に受けさせなければならない学校教育のことです。公立の場合、授業料は無料となります。日本の場合は小中学校の合わせて9年になります。しかし、ほとんどの家庭では高校に子供を進学させることが一般的になっています。義務教育の年数は国によって異なりますが、日本のように義務の学習過程を終えても100パーセント近くが高等教育に進む国は多くはありません。特に経済的に貧しい国ではなるべく早く教育を終えて一家の働き手として期待されているという例が少なくはありません。

↑PAGE TOP