義務教育と学校不登校

義務教育の学校を不登校になると

義務教育の学校で不登校

近年は義務教育である小、中学校で不登校になる子ども達が増えていて、その理由もいじめなどの友達とのトラブルや勉強が嫌いであったり先生と合わないといった学校自体に問題がある場合から、家庭環境の問題や子ども自信の精神的な問題など原因も子どもによって様々でなかなか改善していくのが難しいと言われています。でも、子どもの意思に反して無理して登校させようとするのは逆効果で、むしろ引きこもりなどになってしまう危険性が高くなってしまうので、まずは子ども自身の考えを尊重してあげることが大切なのです。現在は、不登校になった子どもを受け入れるフリースクールなども多く、広い視野を持って対応することが必要です。

義務教育から得られること

学校で義務教育を受けることにより、学力の基礎を築くことができます。読み書きができることにより、あらゆる本が読めるようになり、その気があれば無限に学習することが可能になります。計算ができることにより、お金のやり取りができるようになり、儲けたりすることも可能になります。理科により、身の回りの自然に関する仕組みなどを知ることができ、社会により、社会の仕組みを知るきっかけを与えられます。ただし、学校で習うことはとても基礎的で限定的なものだけです。本当に使える知識は自分で積極的に自習するなり、習うなりして獲得していかなければなりません。

↑PAGE TOP