義務教育の学校の費用

義務教育の学校に必要なお金

義務教育中の学校に掛かるお金

義務教育中に掛かる学費は公立と私立で金額がずいぶんと異なり、公立に関しては授業料は基本的には無料で、給食があれば給食費、PTAがあれば会費を納めるためのお金が掛かってきます。しかし私立に関しては授業料の他に、寄付金やPTAや給食があれば別途で支払うことになります。また私立公立関係なく、授業によって教材の購入や課外授業があることから交通費などがあり、部活やクラブに入れば内容によって別にお金が掛かってしまいます。授業費以外は学校によって違いますし、世帯収入や母子家族や父子家族によって自治体により補助金や制度があることから、親の方針によって同じ義務教育でも学校選びで差が出てくることになります。

義務教育で身につけたいこと

日本の法律では小学1年から中学3年までは義務教育として定められていますよね。一体何を身につけるための期間なのでしょうか。もちろん、その目的の1つは生きていくために必要な知識を習得することです。読み書きや簡単な計算ができなければ、日常生活に支障をきたしますからね。しかし、それだけならわざわざ学校に通わなくても、家庭でも勉強はできますよね。学校に通うことの大きな意味は、人との接し方を学ぶというところにあります。言いかえれば社会性を身につけるということです。幼い頃から時間をかけて、友達の作り方や目上の人との接し方を学び成長していくのです。義務教育の9年間はそういった意味でとても大事な期間なのですね。

↑PAGE TOP